« New Collection 2012-2013 vol.3 | トップページ | New Collection 2012-2013 vol.5 »

2012年11月 1日 (木)

New Collection 2012-2013 vol.4

ミックスフレームの最新作、M-15シリーズとM-22シリーズを合わせてお届けしますsign01

--------------------------------------------------------------------------

Four Nines New Collection 2012-2013

QUALITY-VARIATION

揺るぎなく、変わりゆく。

変わらずここちよく在り続けることは、ここちよさを求めて変わり続けること。
変化はより確固たるクオリティを育み、そのクオリティは多様なスタイルを形成していく。

道具としてのクオリティから選ぶ、スタイル。スタイルから選ぶ、道具としてのクオリティ。
フォーナインズのスタイルは、眼鏡を求めるより多くの方々に向けた、
クオリティ・バリエーションでもあるのです。

眼鏡はいま、人々の価値観を満たしているのだろうか。
いまの眼鏡の在り方は、正しいのだろうか。
フォーナインズが絶えず眼鏡に求め続けるものと、眼鏡を使う方々が求めているもの。
両者をより強く結びつける全7シリーズ、15モデル、93アイテムのコレクションが、
眼鏡を必要とするすべての人々に、もっと魅力的な眼鏡の「いま」をお届します。

--------------------------------------------------------------------------

M-15 sereis 1型 37,800円(税込)
M-22 sereis 2型 39,900円(税込)

Msereis1

クラシックな表情をもつサーモントスタイルを現在のフォーナインズとしての解釈で再構築したM-15シリーズと、ソフト枠のスタイルを用いたM-22シリーズ。

P1000798

M-15シリーズは、ナイロールフレームとしての展開だったM-08のスタイルを進化させ、フルリムでの展開です。

P1000799_2

メタルとプラスチックの異素材の融合を、見た目にも掛け心地にも感じられます。リムには繊細なラインを施すなど、全体のクオリティのバランスも秀逸です。

P1000801_2

逆Rヒンジからテンプルへの流れには、NP-65シリーズでも採用されたかしめ蝶番スタイルを。ねじ止めではないためテンプルはよりしっかりと固定され、快適な使用環境を生み出します。

P1000802 P1000805

そしてこちらも従来のソフト枠の概念をフォーナインズらしい解釈で解釈したM-22シリーズ。メタルのインナーブロウにレンズをはめるプラスチックリムを留める構造になっています。

P1000803

フロントの柔らかい質感から続くサイドラインは、直線的なラインを施したメタルパーツを使用。従来のソフト枠のイメージとは異なるシャープな印象を与えます。

P1000804

プラスチックリムの固定には従来ねじ止めを用いていたため、どうしても太めの印象を持ちがちだったフロントも、鼻側をメタルパーツに立てたピンで固定する方式に改めることで、すっきりとしたデザインを実現しています。

とても個性的なな2シリーズですが、是非皆様にお試しいただきたいラインですshine

次回はいよいよIOFTレポート最後、NP-16シリーズとNP-62シリーズをご紹介いたしますよ!catface

« New Collection 2012-2013 vol.3 | トップページ | New Collection 2012-2013 vol.5 »

メガネ」カテゴリの記事

最近の写真

  • M46
  • Np17
  • S820t_8
  • Np77
  • Np05
  • S320t
  • Npm46
  • S915t
  • Np95
  • Matsuritsukuba2017
  • 20170824_2
  • 20170824