« ドライブカラーレンズ。 | トップページ | NP-81 »

2012年4月23日 (月)

ノーズパッド。

この土日も、お足もとの悪い中ご来店いただきありがとうございました。新作モデルやS-86Tなどもご予約等大変ご好評いただきましたshine

なお、S-86Tについてですが、一部カラーで当店入荷予定数に達しているため既に完売となっているものがございます。発売はまだ先ですが、どうしても手に入れたい!という場合にはお早めのご来店をおすすめ致します(店頭にて、オフィシャル資料をご覧いただけます)。

----------------------------------------------------------------------------

話しは変わり、週末ご対応させて頂いたお客様から「パッドの構造の違いで掛け具合は違うの?」というご質問をいただきました。

Dsc_0677

そこで、2011 IOFTモデルのNP-20、そしてシンプルなイメージで掛けていただけるNP-720を例に、少し解説してみたいと思います。

Dsc_0675

まずはクリングスパッド。メタルフレームはもちろん、NP系のフレームでも埋め込み式のパーツが付くモデルもあります。

メリットは鼻乗りに対してフレキシブルな調整が可能なこと。逆にデメリットとしては、不意に力がかかった際などに、アームの変形が起こり掛け具合が変わる場合があること。

Dsc_0676

次にコートパッド。おもにネオプラスチックフレームに使用されます。

メリットは完全に固定されているため、曲がってしまったりといった鼻乗りへの変化が起きないこと。デメリットとしては、やはり調整が原則不可能なことですね。

----------------------------------------------------------------------------

フォーナインズフレームに搭載されるパッドは、一部を除き、クリングスパッド・コートパッド共に曲面構造のパッドになっております。そのため比較的同じような感覚で掛けていただくことが可能になっていますflair

しかしながら、ブリッジ幅やお客様のお顔の造形によっては、やはり各フレームで微少ながら感覚が変わってきます。

ご来店され、フレームをお選びになる際には、是非どんどん手に取って頂いて、実際にお掛けになって見て下さい。掛け具合がどうしてもしっくりこないような時には、別のフレームをおすすめさせていただく場合もございます。この辺はお気軽にご相談くださいねcatface

« ドライブカラーレンズ。 | トップページ | NP-81 »

メガネ」カテゴリの記事

最近の写真

  • Six_03
  • Six_02
  • Six_01
  • Six_04
  • 20170421_spring
  • Yoga
  • M19_20170418
  • Npm26
  • O40t_s682t
  • Fournines_children
  • Np16_52_2_3
  • Np16_52_3_3