« 入荷のお知らせ | トップページ | 偏光レンズのススメ、その2。 »

2010年9月10日 (金)

偏光レンズのススメ。

クルマのダッシュボードの写り込みや路面の照り返し、水面の反射など、普段の生活の中には「雑光」という乱反射が存在します。

濃度の高いカラーレンズでサングラスを作成すれば、光の眩しさ自体はシャットアウトされますが、光のチラつきを完全に消し去ることは出来ません。

Img_2775_2

そんなときにオススメなのが「偏光レンズ」ですflair

例えば…

Img_2774

よく晴れた日には、クルマのガラス面などに映り込みが発生してしまいます。特に車内から見た場合には実際の景色の像と重なってしまって非常に見辛いと思います。

そこで偏光レンズを使用すると…

Img_2773 Img_2772

フロントガラスの写り込みはほとんどなくなり、車内の様子がクリアに見えるようになりましたshine ちなみに、左側はグレー系、右側はブラウン系のレンズでの見え方です。

技術的には、レンズの間に薄い偏光膜と呼ばれるフィルムを挟み込むことで、雑光をカットしています。身近なところではブラインドなどと同じ原理で、目に見えないごく細いスリットがびっしり入っていることで、特定の角度からの乱反射をカットするのです。

一歩進んだサングラスとして、当店でも積極的にオススメしていきたいレンズでございますhappy02

テストレンズを用意しておりますので、ご来店の際には是非、その見え方をご体験下さい!

« 入荷のお知らせ | トップページ | 偏光レンズのススメ、その2。 »

メガネ」カテゴリの記事

最近の写真

  • Npm106_06
  • Npm106_05
  • Npm106_04
  • Npm106_03
  • Npm106_02
  • Npm106_01
  • Npm106_9001
  • Npm106_6152
  • Npm106_6143
  • Npm106_2801
  • Npm106_1403
  • Npm106_20171116