« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

Four Nines 2010 Spring Collection 第2、3、4弾!

Four Nines 2010 Spring Collection、定休日明けの本日、どど~っと入荷してまいりましたsign03

Img_2373 Img_2367

M-702、M-902は全色入荷!

Img_2369 Img_2371

NPM-11についてはCol.9002(ブラック×シルバー)のみ後発、NP-80は全色入荷!!

Img_2368

後発となっていたS-820T、821Tのシルバーも入ってきてますよ~happy02

残るNP-81、NPM-12、13については、発売までもうしばらくお待ちください。

本日入荷分のフレーム詳細は、追って当ブログでご紹介いたします!是非楽しみにしていて下さいねscissors

2010年4月26日 (月)

S-820T Series、詳細。

昨日に引き続き、Four Nines 2010 Spring Collection S-820Tシリーズにクローズアップです!up

Img_2363_2

こちらはS-820T。智まで続く切れることのないラインが特徴的。天地も28mmと全体にサイズ感があります。

Img_2364

S-821Tは、1段落ちた智のラインが特徴。天地は27mmとフォーナインズでは標準的なサイズです。

Img_2350

両モデルの智元のアップはこんな感じ。わずかな違いですが、実際にかけてみると結構印象が違うんですよ~

Img_2351

逆Rヒンジはその根元を凹型の智先端にスライドさせるような形ではめ込まれています。逆Rヒンジと智の接合面にそれぞれ段差を付けてしっかり固定することで、フレーム全体で力の負荷を解消するバランスを作っています。

Img_2352

凹型の智の先端と凸型のテンプル合口が、フロントからサイドへの流れを引き立てています。

Img_2353

シートメタルのフロントは、十分なフロント強度を保つことが出来る最小の薄さ(1.7mm)となっています。フェイスフロントとインナーフロントから成るダブルフロント構造ですが、今回、インナーフロントはフェイスフロントに対して2点で固定しています。ブリッジ周辺にかかる力が集中しないようにすることで、フロントの反りや歪みを抑えます。

Img_2354

そして、フレームにかかる力がレンズに直接干渉しないよう、リムの長さを最小限に抑えつつ、ロウ付け箇所も1箇所のみ。レンズに負担を掛けない構造です。

カラーは昨日の記事の通り、各型8色での展開です。シート素材と相性の良い、質感のあるマット仕様のカラーを多く揃えています。

後日追加の入荷でカラーも揃ってくると思います。是非一度その目でチェックしてみて下さいscissors

2010年4月25日 (日)

Four Nines 2010 Spring Collection 第1弾!

Img_2362

Four Nines 2010 Spring CollectionよりS-820Tシリーズが入荷いたしました~sign03

Img_2339 Img_2340

クロネコさんから荷物を受け取り、早速ご開帳。…入っておりますheart04

残念ながらまだ全てのカラーは揃わないのですが、本日入荷の7本で、両モデルの全カラーをご覧頂けますので、一機に紹介していきますよ~

Img_2356

S-820T Col.00(ホワイトマット)

Img_2357_2

S-820T Col.7(ダークブルーマット)

Img_2355

S-820T Col.10(ブラックマット)

Img_2358 

S-820T Col.13(カーキベージュ)

Img_2359_2

S-821T Col.4(チタンシャーリング)

Img_2360

S-821T Col.8(ダークブラウンマット)

Img_2361

S-821T Col.12(ガンメタリック)

----------------------------------------------------------------

入荷直後に早速ご購入頂きました!(ありがとうございます~)

最新モデルを発売日に…まだ誰も着けていないフレームというのも良いものですよね。

さてさて、各部の機能や詳細は、また後日紹介していきますねgood

速報!!

Four Nines 2010 Spring Collection より、

S-820T、S-821Tが入荷しております!

残念ながらまだ一部カラーのみですが、早くも反応頂いておりますhappy02

後ほど写真と詳細を追加しますので、是非お楽しみにshine

2010年4月22日 (木)

新作受注会レポート!

P1000107

新作受注会、行ってまいりました!scissors

P1000119

2010 Spring Collectionが目の前にnotes

P1000111 P1000109

こちらは雑誌広告などでもいち早くイメージがリリースされた、S-820Tシリーズ。シートメタルのフェイスフロントとインナーフロントで構成されたダブルフロント構造です。フォーナインズ営業部の矢島さんにモデルになっていただきました~

P1000113_2 P1000112

M-702、902シリーズ。それぞれM-07、09を新たな手法も交え昇華したモデルです。ブロウラインがとてもきれいなシリーズですが、もちろん機能性もしっかり強化されています。期待大ですよ!

P1000114 P1000115_2

NP-80シリーズはこれまでのNPシリーズでも最大のボリュームを持つモデル。テンプルの幅だけではなく、そこに至る曲智のラインも立体的できれいです。

P1000117 P1000118

NPM-11シリーズは、今回3型での展開。NP-80シリーズ同様、フロントのボリュームもありますが、特にテンプルの造形が必見!3次元的にカーブが付いているので、幅広のメタルテンプルにありがちなのっぺり感は全くありません。

----------------------------------------------------------------------

P1000120

お茶うけには、999,9ロゴの入ったどら焼き…ならぬ「トラ焼き」を頂きました。焼き目が虎模様になってるんですよね。美味しかったですjapanesetea

P1000121

最後は記念撮影です。右から営業部田村氏、取締役櫻井氏、当店店長櫻庭、ワタクシ齊藤です。奇しくも全員手を前組みにcoldsweats01

その後成城といえば、のINSPIRALさんにお邪魔しました(お客さまもいらっしゃったので写真は控えさせていただきました)。貴重なお話、ありがとうございましたsign03

そして、夜はselected by情報交換会ということで渋谷へ。楽しい時間を過ごさせていただきました!

----------------------------------------------------------------------

さてさて、新作については順次入荷予定ですが、早いモデルはこの週末にも店頭に並ぶかもしれません!ぜひぜひ、期待してお待ちくださいねshine

2010年4月20日 (火)

新作受注会。

明日21日(水)、Four Nines 2010 Spring Collection受注会に行って参りますshine

Img_2336

場所は世田谷にある、フォーナインズ成城オフィス。もちろん当店では全モデル全カラー入荷いたしますので、是非ご期待下さい!!

商品入荷は、準備の整ったモデルから順次入荷してまいりますので、5~6月にかけて揃ってくる感じだと思います。

後日、当ブログにて受注会の模様をレポートする予定ですsign01

(興奮して写真撮影を忘れないようにしなければ…coldsweats02

2010年4月17日 (土)

41年ぶり

100417_093327_m

北関東では41年ぶりの遅い積雪となった様で、通勤途中の道も白く染まっておりましたsnow

つくばでは降りも弱かったようで、午後にはほぼすべて溶けてしまいましたが、交通機関への影響も大きかったようですね。

まさか4月も半ばに雪が積もるとは思いませんでした。早く温かくなってほしいものですsun

2010年4月16日 (金)

ABタイプ。

昨日のブログでは累進レンズのポイントについてかなり長々と書いてしまいましたcoldsweats01

Img_2333

その中で天地幅の広いBタイプというレンズシェイプを紹介していますが、一体どのフレームなら選択できるのか……。ということで今日はBタイプ設定のあるフレームを一挙公開します!

------------------------------------------------------------

Img_2322

まずは細身でシンプルなS-70Tシリーズ。全3型全てBタイプ選択可能です。

Img_2323

コンビネーションフレームからはS-640Tシリーズ。こちらも2型とも選択可能。ちなみに一番奥に移っているのが、S-640TにBタイプのデモレンズ仕様。手前のAタイプと比べると縦幅が大きくなっているのがわかりますよね。

Img_2324

S-80Tシリーズも全3型共にBタイプの設定あり。

Img_2326

S-90Tシリーズも全型設定ございます。写真手前から2本目と4本目がBタイプ設定のデモレンズです。

Img_2327

レディースラインからは、S-700Tシリーズ。全3型中S-700T、702Tの2型にBタイプがあります。

Img_2328

同じくレディースモデルの最高峰、TW-50Tシリーズ。全型対応可能です。写真では少し見辛いですが、写真奥側2本が同じTW-52TでAタイプとBタイプです。

Img_2329

2009 IOFTモデルからはS-100Tシリーズ。全3型中S-100T、102TがBタイプ対応可能です。これまた遠近感がついて見にくいですが…手前2本がS-100T、それぞれAとBです。

Img_2331

最後は昨日も記事中に出てきている、O-21T。残念ながらO-20TにはBタイプ設定がありませんので、天地幅を広く取りたい場合はO-21Tをお選びいただければ選択可能です。

------------------------------------------------------------

店頭で実際にご覧になる際に、品番によってはBタイプのデモレンズがご用意できていないフレームもございます。少しイメージしにくくなってしまいますが、型板をご用意致しますので、そちらで実際の大きさの差をご確認ください。

気になったフレームの店頭在庫が全てAタイプで並んでいる場合も、Bタイプ設定がある品番については、もちろんBタイプで加工可能です。

累進レンズ使用の際だけでなく、視野を大きく取りたい!という場合にもBタイプシェイプはオススメです。ぜひぜひ、積極的に取り入れてみて下さいねscissors

2010年4月15日 (木)

遠近両用レンズのポイント。

当店でも良く聞く「細身のデザインが多いから遠近は作れないですよね」というお言葉。

その答えは、『作製出来ます!』

Img_2313

遠近両用レンズでメガネを作成する場合、特に重要になってくるのが「アイポイント」と「累進帯長」。上の返答が断言ではないのが、この2つのポイントによって快適な眼鏡になるかどうかが決まってくるからなのです。

ちょっと難しい話になってきますが、まずは「アイポイント」からご説明しましょう!wink

Img_2318_2

他にモデルがいなかったので、自分の目元を撮影してみましたcoldsweats01

着用モデルはS-800T、レンズ縦幅は26mmと比較的短め。この時、レンズ下端から黒目の中心(瞳孔)まで、どのくらいの高さになってくるかがまず重要です。この通常黒目が来る位置が『アイポイント』です。

Img_2319_2

遠用度数と近用度数がどの位置に入るかがわかるアイポイントシールを貼って見ます。遠用ポイント(黒目部分)をしっかり合わせてみると……下に来る近用ポイントがほとんど抜けてしまっています!これでは遠くは見えても手元はほとんど見えません…sweat01

Img_2315

こういった場合どうするかというと、写真の赤いシールの方をご覧ください。近用ポイントがレンズ内にしっかり入っていますよね。これは遠用度数と近用度数との距離(これを「累進帯長」と言います)の短いタイプの設計になるからなのです。ちなみにこの場合11mmのショートタイプです。

逆に紫のシールでは抜けてしまっています。こちらが14mmと一般的な累進帯長。実は遠近両用としては、累進帯長が長めの方が楽に使えます。ショートタイプだとロングタイプに比べて上下の度数変化が急になるのです。

これが『作製出来ます!』とはっきりしない理由なのです。

Img_2320

たとえば、NPN-910にシールを貼って見ます。この場合は両方ともレンズ内に近用部が入っていますよね。この場合、青い方の設計の方が楽に使えます。若干近用ポイントが欠けていますが、2/3程度が収まっていれば問題ありません。

逆に赤い方の設計では、近用部がまったく欠けることなく収まりますので、遠くも手元もよりはっきりと見ることができます。ただし度数の変化は急ですので、より慣れが必要です。

狙っているフレームで遠近レンズを入れる…この辺は実際に着用して頂いてアイポイントをとらせていただくとより明確にお応えできます。「幅が狭いから作れない」という固定観念は一度取り払って頂いて、是非スタッフまでご相談下さい!

Img_2316

このようにレンズ縦幅の長いBタイプを用意している品番もあります。上の方にあるO-21Tの写真では収まらなかった14mmタイプも、Bタイプならこの通りscissors

2010年4月12日 (月)

純金ではないけれど。

Four Ninesのブランドロゴ「999,9」。その意味は純金の最高純度を表す数字からとられたもの。残りの0.1%を追求して日々進化していくという姿勢を表しています。

ということで、本日はゴールドカラー特集!shine

Img_2312

金色…というと派手で使いにくい印象が一般的なのは否めないですが、フォーナインズのゴールドカラーはホワイトがかったというか、とても上品な色合い。意外と掛けこなせてしまう方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

Img_2305

たとえば、左からS-600T、S-620T、S-610T、S-630T。シンプルかつ細身のラインでゴールドでもまとまりがよく使いやすそうですよね。ちなみにレディースラインでは同じCol.1でもご覧の様に一部モデルではピンクゴールドになります。

Img_2310

O-10T、12Tシリーズも同様に、細身のラインが逆に煌びやかで格好良いです。

Img_2309_2

ビジネスシーンでの切り札としてはこちら!S-810Tシリーズ(左)とS-306Tシリーズ(右)。ゴールドの輝きが出来る男を演出してくれそうです。…とはいいつつも、実際のお仕事でご使用になるかどうかはなかなか難しい所でしょうかcoldsweats02

Img_2304

M-04はさすがの貫禄。ゴールドにブラウンのプラスチックパーツがマッチした一品です。この組み合わせ、意外にもお顔乗りはいいんですよ。

Img_2306

男性向けでは最上位ライン、S-310Tシリーズ(上2本)とS-315Tシリーズ(下2本)。ブロウパーツが凛々しく輝き、大人感を高めます。

Img_2307

対してレディースライン最高峰、TW-50シリーズ。唐草模様をイメージして構成された複合的なS字パーツと、ゴールドの神々しさが大人の女性を華やかに演出します。正面から見ると細身なので、リムレス構造と合わせてすっきりした印象になります。

Img_2303

そして忘れてはいけないのがS-590Tシリーズ(手前S-590T、奥S-591T)。この存在感は紛れもなくNo.1! 写真のようにカラーレンズを入れてサングラス的な使い方をして頂くと、ゴージャス感も格段にアップです!

-------------------------------------------------------------

最近では年齢問わずゴールドカラーの人気も高まっている様です。普段使いでさらっと掛けこなしたりしたら、かなり格好良さそうですよねscissors

2010年4月11日 (日)

春メガネ?

最近当店でとても人気になっているフレーム…

Img_2299

M-13です!ちなみに写真はCol.12(ガンメタリック)。

4月に入って立て続けにご購入頂き、在庫が一気に減ってきてしまいましたcoldsweats01

Img_2300

一見するととても頑丈なメタルフレーム、といった趣ですが(もちろんメタル素材ですけれども)、実は裏から見るとナイロールフレーム。レンズをはめ込むインナーフレームに、シートメタル打ち抜きのフロントフェイスを張り付けたような構造になっております。

レンズ自体がヤゲンを立てない平摺り状態になりますので、正面から見てもレンズ周辺のうずが発生しないというメリットもあります。

Img_2301

型違いのM-14では、玉型自体は丸みを帯びつつさらに独特の存在感を放ちます。

テンプルのRを強めにつけるなど、見た目同様かっちりとした掛け心地を持ったフレームです。

新生活のスタートにオーラ抜群のM-13シリーズ。いかがでしょうか?

2010年4月10日 (土)

S-800T入荷!

さてさて、昨日に引き続きフレームが入荷してきております!

Img_2297

本日の入荷は、S-800T Col.1090(ブラックマット×ブラック)。

Img_2296

これで全6色揃いました!

ブロウラインが印象的ながら、シンプルで飽きのこないデザイン。ビジネスシーンでも積極的に使って頂けるシリーズです。是非お試しくださいませ!

2010年4月 9日 (金)

レディースモデルとレディースサイズ。

本日の入荷情報ですshine

Img_2292

NP-71 Col.90(ブラック)。レディースモデルとして鼻パットの体積にいたるまで、徹底的にこだわられたモデルです。つやのあるブラックがセクシーですlovely

Img_2293

NPN-10 Col.4801(グラデーションペールブラウン×ホワイトゴールド)。「ペール」とは淡い、薄いといった意味で、乳白を用いることで柔らかな表情を演出しています。こちらはレディースサイズの仕様となりますので、男性に掛けていただいてもOKですscissors

2010年4月 8日 (木)

ナイロールフレームの仕上げ方。

今日はちょっと技術的なお話。ナイロールフレームでは、ナイロン糸自体はある種消耗品という側面もありますので、定期的な張替をお勧めしています。

たまたま本日加工上りのY様ご購入S-800Tの組み上げがあったので、手順を追ってみましたcatface

Img_2281

まずは元々貼ってある糸をはずします。あたりまえな事ですが、当店ではご購入いただいたナイロールフレームにレンズをはめ込む際、きちんと新品の糸に交換しております。

Img_2282

新しい糸を適当な長さに切っておきます。このとき重要なのが、最低でも短すぎないこと。長い分には調節できますからね。

Img_2283

まずは鼻側。リムに開いた下側の穴に中から先端を通します。

Img_2284_2

さらに上側の穴に外から通し、引っかかりができるようにしぼります。

Img_2285

反対側の穴(S-800Tではリム上部です)に同じように糸を通していきます。

Img_2286

レンズの鼻側を、元々付いているナイロンレール部分にしっかり固定します。

Img_2287

そして、レンズに傷をつけないように気をつけながら、ぐっと引っ張りつつ糸をレンズに掘られた溝にはめ込みます。ちなみに写真の青いものは、ナイロン繊維で編みこんである糸張り用のシートです。

Img_2288

もう片方のレンズも同じようにはめ込んで完成!糸の張り具合やレンズの角度などがおかしい場合は一度はずしてやり直します。慎重に行わないとせっかく度数を合わせても使い辛いメガネになってしまいます。

Img_2291

最後にフレーム全体のバランスの微調整と洗浄を施してケースに収めます。あとはオーナー様へのお渡しを待つばかりです。

さてさて、こんな感じで張り方をご紹介しましたが、ナイロール糸の張替やレンズはめ込みには技術が必要です。通常お使いいただいている中でレンズの脱落などがあった場合、フレームやレンズの破損を防ぐためにも、必ずそのままの状態でお持ちいただき張替をご依頼ください。その際、外れたレンズはティッシュ等で包んでおいていただくと安心です。

999,9 selected by HASHIMOTOでは、ナイロール糸のメンテナンスを無料にて行なっています。ご愛用のメガネを快適にお使いいただけるよう、最低でも1年に1度は張り替えてあげてくださいね!

2010年4月 7日 (水)

本日は、定休日です。

毎週水曜日は、定休日の為、お休みさせていただきます。

明日は、通常通り、11:00から営業させていただきます。

またのお越しをお待ち申しております。

2010年4月 6日 (火)

NP-51。

Img_2277

本日、NP-51 Col73(オリーブ)が入荷してきております!

Img_2279

レンズの浮いた、フローティング構造がポイントgood

Img_2280

智元の装飾性もさることながら、とても綺麗なオリーブカラーに目が奪われます。

とても人気の高いカラーですので、早い者勝ちです。shine

是非、実物を見に来て下さい!お待ちしております!

2010年4月 3日 (土)

常陽リビング誌広告掲載。

Img_2274

本日発行の常陽リビング誌に広告を掲載しております!

Img_2275

今回は春らしくNP-70シリーズをセレクトしてみました。

Img_2276

綺麗な色合いと丸みを帯びたシェイプが女性らしさを演出します。是非、店頭にてお試しくださいね。

2010年4月 2日 (金)

オールドモーブ。

様々なフレームカラーのある中で、独特の色合いを持っているのがCol.49「オールドモーブ」。赤とも紫とも言えないなんとも不思議なカラーです。

どんな色なのか調べてみると、「牡丹鼠」と言う色が出てきました。その色合いは「赤茶のグレイ、牡丹の様な赤みのある鼠色」。赤みの差したグレーと言いましょうか、光の当たり方でとても綺麗に発色するカラーです。

ということで、店頭にあるオールドモーブカラーを集めてみました!

------------------------------------------------------------

Img_2268

手前からNP-104、NP-711、NP-704です。

Img_2269

NP-40シリーズにもオールドモーブ。

Img_2270

NPN-911。シリーズ唯一の49カラーです。(NPN-910、912には存在しません)

Img_2272

手前からNPN-901、NP-30、NP-13です。細身かつ渋いイメージですね。

Img_2273

NPM-06、07。テンプルにCol.2(シルバー)が組み合わされ、全体同色とはまた違った雰囲気を醸し出します。

------------------------------------------------------------

光が当たると鮮やかに、普段は渋め。

オールドモーブカラー、格好良いですよ!

2010年4月 1日 (木)

NP43の入荷。

Img_2264

本日、NP-43 Col.90(ブラック)が入荷いたしました!

Img_2265

これでNP-40シリーズの90カラーがようやく揃いました。在庫のあるうちはいつでもご覧頂くことが可能です。

Img_2266 Img_2267

ちなみに現在、NP-40、NP-41については、全12色勢揃い中です!お好みのカラーを存分に選んで頂けますよ~

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近の写真

  • Npm614
  • Npm613
  • Npm612
  • Npm611
  • Npm61_9001
  • Npm61_6944
  • Npm61_6331
  • Npm61_6303
  • Npm61_5081
  • Npm61_1401
  • S146t6_2
  • S146t4_2