« 本日は、定休日です。 | トップページ | チルドレンフレーム。 »

2010年3月 4日 (木)

O-10T series。

Img_2089

O-10Tシリーズは、60~70年前のアメリカにおける代表的なオプティカルフレームの代表的なアイテムをフォーナインズ流にアレンジし、レンズに対する安定性や眼鏡としての安定性を形にしたシリーズです。

今日はその中でもO-10T、11Tにフォーカスしてみたいと思います!

Img_2091_2

まずはO-10T。非常にシャープなフォックスタイプのレンズシェイプです。正面から見たときに、ブロウラインがレンズをまたいでいく様が力強さを感じさせます。

Img_2090

続いてO-11T。こちらはスクエア形状のレンズシェイプにブロウラインが沿ってくるイメージ。落ち着いた雰囲気を感じさせます。

Img_2092 Img_2093

ブリッジは平潰しにした2つのパーツを、前は縦、後ろは横に固定するダブルブリッジ構造。また、それぞれにブリッジ幅とブリッジの角度を変えてあります(O-10Tは狭く下向き、O-11Tでは広く上向き)ので、丈夫さとデザイン性が両立されています。

Img_2094

テンプルに続いていくパーツは「ジョイントアーム」というパーツです。ジョイントアームには超弾性チタン合金を使用し、アールを付け距離を長く取ることで、テンプルからかかる力を軽減します。ちなみに、ジョイントアームの根元を見てみると、接合面が一段奥かつ斜めになっています。これによって、フロントに無理な力が直接かかってしまうことを防いでいるのです。

Img_2096

上から見るとこんな感じ。フロントからテンプルにかけて、顔に沿って流れるような美しいラインを描き、完成度の高さを感じさせます。

Img_2099_2

クリングスアームとレンズステイは一体のパーツとなっており、フレーム組み立て時の精度も上がっています。良く見ていただくと、レンズを挟み込んでいるギザギザのワッシャーが見えると思います。実は、レンズに食い込むこのワッシャーのおかげもあって、限りなく緩みにくいワンポイントフレームに仕上がっているのです。

実際に持って頂いた時の、驚くほどの軽さはもちろんの事、お顔に着けて頂いた時の装用感の軽さも絶品です!

ちなみにこんなカラーもあります↓

Img_2098_2 Img_2097_2

col.00(ホワイト)とcol.5(アカ)。とても鮮やかで発色のいいカラーです 。サングラス的な使い方はもちろん、女性の方にもにもオススメなカラーです!

是非、お試しくださいね!

« 本日は、定休日です。 | トップページ | チルドレンフレーム。 »

メガネ」カテゴリの記事

最近の写真

  • Sp10t_7
  • 201707171
  • 20170710
  • Photo_contest_2
  • Image
  • Img_1457
  • Img_1456
  • Np16_np17
  • Feelsun_20170623
  • S350t
  • M35_m35cl
  • Apm075