« 本日、水曜日は定休です。 | トップページ | S-270T series »

2010年2月25日 (木)

S-280T Series

フォーナインズのメタルフレーム、良くお客様がおっしゃる言葉が「ナイロールタイプが多いですね」。比率としてはやはりその通りなのですが、いえいえ、ちゃんとフルリムタイプもラインナップされていますよ!

Img_2042

ということで本日は、メタルフルリムで最も新しいモデル。S-280Tシリーズをご紹介したいと思います!

Img_2043

まずはシリーズ中最もスタンダードなスクエアシェイプ、S-280Tです。天地幅も28mmと広めなので、累進レンズもバッチリです。

Img_2044

S-271Tは耳側に角の有るスクエア 。フォーナインズの得意とするワイド&シャープな印象を強く打ち出します。

Img_2045

S-282Tは柔らかい印象のスクエア。3型の中で1番自然な印象かもしれません。

Img_2047_2 Img_2048

ブリッジはねじれに対してフレキシブルに機能するダブルブリッジ構造。S-280TとS-282T(写真右)では前後ブリッジともにβチタンを用い、断面を前側の長さのあるブリッジは縦方向に、後側は横方向に配置し、逆反りやねじれに対応します。

S-281T(写真左)では、前側の存在感あるブリッジに純チタンを使用。正面と上面で厚みを変え、さらにブリッジ正面下側に「かえし」をつけることで、フロントの逆反りを防止しています。

Img_2051_2

逆Rヒンジには土台部分にかえしをつけ、ヒンジと智を安定して固定しています。また、智の外側にもかえしをつけるように逆Rヒンジを延長して、より効率良く、力の吸収・分解を可能としています。

Img_2049 Img_2050

このシリーズ1番の特徴がこちら!逆Rヒンジを起点にテンプルバネ部を効率良く反応させるため、テンプルが2つのパーツに分かれています。フロント側にはβチタン、先セル側には純チタンを用いて、2つのパーツを交差するように組み合わせ、1箇所で固定されています。そうすることで、力の方向性をコントロールし、テンプルのバネを効果的に機能させているのです。

3型各7色展開。現在全色店頭に並んでおります。『S-280Tシリーズ=フォーナインズクオリティ』。そう感じて頂けるメタルフレームに仕上がっております。是非ご自身で体感してみて下さいね!

« 本日、水曜日は定休です。 | トップページ | S-270T series »

メガネ」カテゴリの記事

最近の写真

  • Feelsun_20170623
  • S350t
  • M35_m35cl
  • Apm075
  • Apm074
  • Apm073
  • Apm072
  • Apm071
  • Apm07_6943
  • Apm07_8804
  • Apm07_2803
  • Apm07_9001