« S-280T Series | トップページ | 入荷情報! »

2010年2月26日 (金)

S-270T series

Img_2053

今日は昨日に引き続き、2009春モデルからS-270Tシリーズのご紹介です!

こちらもやはりフルリムタイプですが、S-280Tと合わせ、実はフォーナインズとしては4年半ぶりとなるメタルフルリムタイプとして登場しました。それでは詳しく見ていきますよ~!

Img_2054

まずはS-270T。シリーズ3型ある中でも基本となるフロントシェイプで、ブリッジを高めに配置したスクエアタイプです。天地幅は27mm。

Img_2055_2

S-271T。こちらはフォーナインズ特有の少しつり上った印象のスクエアです。以外と女性の方にお選びいただくことも多く、掛けて頂きやすいシェイプですね。天地幅は26mmと細身です。

Img_2056

そしてS-272T。丸みを帯びた柔らかな印象のスクエアです。天地幅は3型中最大の28mmとなりますので、累進レンズもしっかり入ります。

Img_2058 Img_2061

このシリーズ最大の特徴は、やはり圧倒的な存在感を誇るプラスチックテンプル。合口部の最大幅で16mmと広くなっていますが、全体としては薄く仕上げてありますので、重くなりすぎない配慮がなされています。

テンプルの厚みは5.5mm~2.6mmまでギャップをつけ、合口部に十分な厚みをとることで、側面から支える金属パーツとプラスチックテンプルをより安定して固定できるようになっています。テンプル合口先端は2又とし、智に被さるように繋げることで、正面・側面から見た時に、フロントからきれいに繋がるラインが作りだされています。

Img_2059

逆Rヒンジは、テンプル側面まで伸ばして固定しているので、より効果的に力の吸収を行えます。また、外側部分には純チタン、逆Rヒンジ自体にはβチタンと適材適所での素材使用がなされているため、パーツに求められる機能を最大に発揮させ、また負担のかかる箇所に対して、これまで以上に破損しにくい環境を作っています。

Img_2060

ダブルブリッジ構造、前側には硬度のある純チタンを縦方向に配置し、厚みのギャップをつけることで逆反りを防止するフレキシブルな環境を作ります。また、正面と上面で厚みのギャップをつけ柔軟性を求め、さらに、ブリッジ正面下側にかえしをつけることで逆反りを防止します。

後側のブリッジにはβチタンを横方向に配置し、極端な負荷がかかった際にも柔軟な対応が可能となり、前側のブリッジに対する機能・強度を補っています。

3型各6色展開。良く考えられたテンプルシェイプは一度掛けると病みつきになるかもしれませんよ!

« S-280T Series | トップページ | 入荷情報! »

メガネ」カテゴリの記事

最近の写真

  • M18
  • 20170818
  • 20170814
  • Np727
  • S140t
  • Clip_on
  • C20t_series
  • Sp10t_7
  • 201707171
  • 20170710
  • Photo_contest_2
  • Image