« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

ありがとうございます。

今日は遠く群馬からお越し頂いたI様ご夫妻に、それぞれ一式づつお買上頂きました!

Img_2068

旦那様はS-250Tをチョイス。ブラウンマット×センターシェードブラウンのコンビネーションフレームです。店頭ではカラーレンズで展示しておりましたが、今回は無色レンズにてオーダー頂きました。元々フォーナインズを愛用されているということで、こちらも楽しくご提案させて頂きました!

Img_2069

奥さまはシンプルで軽いフレームがいい、とのことでしたので、スタンダードなメタルナイロールS-610Tをご提案。今まではピンク系のカラーを愛用されていたということで、今回はイメージチェンジ。オレンジマットカラーがさわやかです。

この後、レンズ入荷→加工となります。快適にお使い頂けるようしっかり作成したいと思います!

2010年2月27日 (土)

入荷情報!

Img_2066

お待たせ致しました!S-800T Col.12(ガンメタリック)が本日入荷いたしました!

機能等の詳しい内容は、是非こちらの記事を参考になさってくださいね。

2010年2月26日 (金)

S-270T series

Img_2053

今日は昨日に引き続き、2009春モデルからS-270Tシリーズのご紹介です!

こちらもやはりフルリムタイプですが、S-280Tと合わせ、実はフォーナインズとしては4年半ぶりとなるメタルフルリムタイプとして登場しました。それでは詳しく見ていきますよ~!

Img_2054

まずはS-270T。シリーズ3型ある中でも基本となるフロントシェイプで、ブリッジを高めに配置したスクエアタイプです。天地幅は27mm。

Img_2055_2

S-271T。こちらはフォーナインズ特有の少しつり上った印象のスクエアです。以外と女性の方にお選びいただくことも多く、掛けて頂きやすいシェイプですね。天地幅は26mmと細身です。

Img_2056

そしてS-272T。丸みを帯びた柔らかな印象のスクエアです。天地幅は3型中最大の28mmとなりますので、累進レンズもしっかり入ります。

Img_2058 Img_2061

このシリーズ最大の特徴は、やはり圧倒的な存在感を誇るプラスチックテンプル。合口部の最大幅で16mmと広くなっていますが、全体としては薄く仕上げてありますので、重くなりすぎない配慮がなされています。

テンプルの厚みは5.5mm~2.6mmまでギャップをつけ、合口部に十分な厚みをとることで、側面から支える金属パーツとプラスチックテンプルをより安定して固定できるようになっています。テンプル合口先端は2又とし、智に被さるように繋げることで、正面・側面から見た時に、フロントからきれいに繋がるラインが作りだされています。

Img_2059

逆Rヒンジは、テンプル側面まで伸ばして固定しているので、より効果的に力の吸収を行えます。また、外側部分には純チタン、逆Rヒンジ自体にはβチタンと適材適所での素材使用がなされているため、パーツに求められる機能を最大に発揮させ、また負担のかかる箇所に対して、これまで以上に破損しにくい環境を作っています。

Img_2060

ダブルブリッジ構造、前側には硬度のある純チタンを縦方向に配置し、厚みのギャップをつけることで逆反りを防止するフレキシブルな環境を作ります。また、正面と上面で厚みのギャップをつけ柔軟性を求め、さらに、ブリッジ正面下側にかえしをつけることで逆反りを防止します。

後側のブリッジにはβチタンを横方向に配置し、極端な負荷がかかった際にも柔軟な対応が可能となり、前側のブリッジに対する機能・強度を補っています。

3型各6色展開。良く考えられたテンプルシェイプは一度掛けると病みつきになるかもしれませんよ!

2010年2月25日 (木)

S-280T Series

フォーナインズのメタルフレーム、良くお客様がおっしゃる言葉が「ナイロールタイプが多いですね」。比率としてはやはりその通りなのですが、いえいえ、ちゃんとフルリムタイプもラインナップされていますよ!

Img_2042

ということで本日は、メタルフルリムで最も新しいモデル。S-280Tシリーズをご紹介したいと思います!

Img_2043

まずはシリーズ中最もスタンダードなスクエアシェイプ、S-280Tです。天地幅も28mmと広めなので、累進レンズもバッチリです。

Img_2044

S-271Tは耳側に角の有るスクエア 。フォーナインズの得意とするワイド&シャープな印象を強く打ち出します。

Img_2045

S-282Tは柔らかい印象のスクエア。3型の中で1番自然な印象かもしれません。

Img_2047_2 Img_2048

ブリッジはねじれに対してフレキシブルに機能するダブルブリッジ構造。S-280TとS-282T(写真右)では前後ブリッジともにβチタンを用い、断面を前側の長さのあるブリッジは縦方向に、後側は横方向に配置し、逆反りやねじれに対応します。

S-281T(写真左)では、前側の存在感あるブリッジに純チタンを使用。正面と上面で厚みを変え、さらにブリッジ正面下側に「かえし」をつけることで、フロントの逆反りを防止しています。

Img_2051_2

逆Rヒンジには土台部分にかえしをつけ、ヒンジと智を安定して固定しています。また、智の外側にもかえしをつけるように逆Rヒンジを延長して、より効率良く、力の吸収・分解を可能としています。

Img_2049 Img_2050

このシリーズ1番の特徴がこちら!逆Rヒンジを起点にテンプルバネ部を効率良く反応させるため、テンプルが2つのパーツに分かれています。フロント側にはβチタン、先セル側には純チタンを用いて、2つのパーツを交差するように組み合わせ、1箇所で固定されています。そうすることで、力の方向性をコントロールし、テンプルのバネを効果的に機能させているのです。

3型各7色展開。現在全色店頭に並んでおります。『S-280Tシリーズ=フォーナインズクオリティ』。そう感じて頂けるメタルフレームに仕上がっております。是非ご自身で体感してみて下さいね!

2010年2月24日 (水)

本日、水曜日は定休です。

Img_18441

本日は、定休日のため、お休みさせていただいております。

明日は、11:00から営業させていただきますのでよろしくお願いします。

2010年2月23日 (火)

S-307T

今日は男前モデル。メタルブロウのご紹介です。

ナイロールフレームの中でも、男性には人気のモデルです。また、以前から人気の高いデザインの一つとも言えるのですが、やはりフォーナインズが手掛けると、独特の雰囲気に仕上がります。

Img_2037_3

圧倒的な存在感を放つメタルブロウのインパクトはなんとも圧巻。そして、「S-307T」といえばカラーのおすすめはなんといっても ! 2番カラー (シルバー)です。輝いてます。

Img_2036

逆Rヒンジもボリューム感があり、広がろうとする力をしっかりと受け止めます。

Img_2039

正面から見ると一本にしか見えないブリッジですが、2本で構成され丈夫に作られています。

Img_2034

ナイロールタイプで、レンズ周りにはリムがないため、掛けた印象もスッキリ。よりメタルブロウが際立ち、男前度が上がりますね。ビジネス用としてもおすすめです。

この春。 「S-307T」 で グレードアップ ! してみては ? !

2010年2月22日 (月)

サングラスというご提案。

冬も終わりこれから春へ・・・。晴れ間も増え日差しも強くなってくると、外出時にまぶしい!なんてこともありますよね?

Img_2026_2

そんな時にはサングラス!当店ではS-590Tシリーズにカラーレンズを入れて展示していますが、特にS-591Tでは女性の方からの支持が高いのです。

Img_2027

定番シルバー(Col.2)には、目の疲れを軽減する効果もあるオレンジ系のカラーレンズをセット(写真ではイエローに見えますが、オレンジですよ…)。春の陽気にうってつけな爽やかな発色。明るく、軽快な雰囲気を演出します。

Img_2028_2

きらびやかなホワイトゴールド(Col.1)にはグリーン系をセット。 ホワイトゴールドのギラつきすぎない軽やかさに、グリーンの上品で健康的なな透明感のある色彩が映えます。

Img_2029

オレンジマット×シルバーマット(Col.9004)には爽やかなブルーレンズをセット。インパクトのあるフレームカラーに、洗練されたブルーの知的感がうまくバランスした組み合わせです。

Img_2030

S-590Tシリーズにはシリコンパットが採用されていますので、乗りも柔らかで、見た目の重量感に対してズレにくいフレームに仕上がっています。

Img_2031_2

レンズカラーは豊富なラインナップからお選びいただけます。フルカラーはもちろん、グラデーションカラーもOKです。

これからの季節、お出かけのお供にサングラス仕様のフォーナインズ…。いかがでしょうか?

2010年2月21日 (日)

M-04、M-06

Img_2019

今日はIOFT 2008モデルから、M-04シリーズのご紹介です。実はこの撮影の後、写真のM-06はお買上頂きました!(ありがとうございますm(_ _)m)

Img_2020

この2型、基本構造自体はどちらも同じです。大きな違いはレンズ天地幅。M-06(写真左)は天地28mm、対してM-04は累進レンズも対応可能な天地31mmとなっています。

Img_2024

ヒンジはバランサー構造。S-100Tシリーズに続くこちらのヒンジの原点は、M-08を含めここから来ています。バネ部は短めに作られていますので、非常にしっかりした掛け心地を得られるのも特徴です。

Img_2023

内側にリムと繋がるインナーフロントを接続したダブルフロント構造ですので、掛け外しの際の負荷はレンズに干渉することなく、かつ最適なバランスを生み出します。リムの長さは最小限ですので、レンズの種類や度数にかかわらず幅広くお使いいただけます。

Img_2022 Img_2021

ブリッジ、智、テンプル側面に共通のライン造形を施し、フレーム全体の一体感を演出しています。特にブリッジなどは、このラインのおかげでとてもシャープに見えますよ。

Img_2025

M-04はアスタリスクシリーズです。特に累進世代の方々にご提案させて頂きたいフレームとなっています。

M-04シリーズ。フォーナインズの提案する世界観の中で、若い世代の方には新しさを、ある世代以上の方には懐かしさの中にも新鮮さを感じて頂けるシリーズですよ。

2010年2月20日 (土)

フォーナインズのウエリントン。

Img_2010

50年程前のアメリカンスタイルの雰囲気を感じさせるウエリントンシェイプ。フォーナインズ流にアレンジ、フォーナインズの考えるサイズバランスで組み立てたのが、NP-60シリーズです。

Img_2016 Img_2017

NP-60(写真左)は、オードソックスなウエリントンタイプ。NP-61(写真右)では、細身でシャープな印象になっています。ちなみに、所ジョージさんがNP-61のCol.90(ブラック)にイエローカラーのレンズを入れて使用されています。

Img_2012 Img_2013

テンプルは薄く幅の広いテンプルに弾性を持った芯金を使用しています。2型で幅を変えているのも特徴的。NP-60ではフロントに合わせボリューミーに、NP-61では知的ささえも感じられる絶妙な幅感です。

Img_2018

逆Rヒンジは、土台一体の細身なタイプ。正面からは智元に隠れて見えなくなります。

Img_2014 Img_2015

智とテンプルに施された飾り。もちろんチタン製です。立体的で精密な、亀の甲羅をモチーフとしたフォーナインズ独自の方を出すことで、より印象を高めています。

当店でも手に取って頂くことが多いシリーズです。存在感はありながらも、押し出しの強すぎない感じも人気の秘訣かもしれませんね。

現在2型全5色、全て揃っております。プライベートでのスタイルにはもちろん、ビジネスシーンでも十分お掛け頂けます。是非、店頭でお試し下さいませ!

2010年2月19日 (金)

NPN-901

P1000059

大変お待たせ致しました!NPN-901(Col.88 クリスタルスモーク)が本日入荷しました! 

実はフォーナインズのプラスチックナイロールフレームの原点ともいえるのが、NPN-900シリーズなのです。

P1000060

NPN-901は、NPN-900シリーズの中では比較的フラットなフロントシェイプを持っています。癖のないデザインで非常に掛けやすい表情ですね。

P1000064

プラスチックナイロールでは、従来どうしてもフロントの強度が落ちる部分があったのですが、フォーナインズではネオプラスチックシリーズとしての機能を最大限生かして、デメリットを解消しています。逆Rヒンジもその一つ。土台が一体となったヒンジがフロントへの負荷を解消し、歪み・逆反り・開きの広がりを抑えます。

P1000061 P1000062

NPNシリーズといえばこちら。鼻側と耳側にセットされた金属パーツです。加工の際にナイロン糸が張りやすい、というのは私達スタッフのメリットなのですが・・・それだけでなく、糸をしっかりと張ることができるようになる為、玉型(レンズ)のつり・たれを防ぐことができるのです。糸がうまく張れないと、フロントフェイスが本来の物から変わってしまいかねません。糸に負荷がかかった際のリムや穴の破損を防ぐ機能に加えて、ここは大切な部分ですね。

P1000065

コートパッドはもちろん球面形状。鼻乗りも良いですよ!

細身のフレームにクリスタルスモークの透明感がとてもマッチした一品です。是非、チェックしてみて下さいね!

2010年2月18日 (木)

セルロイドフレーム

最近のプラスチックフレームは、ほとんどがアセテート素材といえるそんな中、昔から眼鏡の素材として多く使用されてきたセルロイド。

E-432は、数少ないセルロイド使用モデルとして風合いをだしています。

100218_180744_ed_m E-432 col.90  ブラック

セルロイドの硬くてハリがあるという特性を活かし、出来る限り薄く細く仕上げられたスマートな印象はおわかり頂けますか。また、透明性に優れ、光沢が美しく。磨くことによって深いツヤが出ます。ブラックフレームがさらに奥行きの有るブラックに。

100218_180621_ed_m

かけ心地の良いわけの一つには、フロントに埋め込んだ金属にシリコン素材の柔らかなパットがついているからなんです。

他にシリーズとして、E-430 E-431 もご用意してございます。セルロイド眼鏡をご愛用の方、お好きな方は、要チェックのフレームですね。

2010年2月17日 (水)

本日、水曜日は定休日です。

Img_18441

本日は、定休日です。

明日は、通常どおり11:00から営業させていただきます。

2010年2月16日 (火)

S-90Tシリーズ。

P1000050

その立体的な作りとクオリティで、当店でも人気の高いS-90Tシリーズ。今日はS-90T、91T、92T、93Tと、まとめてご紹介します!

P1000055 P1000056

まず特徴的なのは、一つのシリーズの中でフォーナインズを象徴する2つの機構を用いていることです。S-90T、91TにはS-80Tから続く蛇腹形状を持ったテンプル(写真左)、S-92T、93Tには逆Rヒンジ(写真右)が使用されています。機能は同等ですが、掛け心地は少し異なります。是非、お試し頂きたいポイントです。

P1000051 P1000052

フロントも2型で共通。S-90T、92Tは丸みを帯びたブロウライン、対してS-91T、93Tはストレートに近いシャープなラインです。ちなみにどの型もレンズ天地幅の広いTypeBレンズを選択して頂けますので、累進レンズご希望の場合や、目元を覆うサングラスタイプ・・・などなど、幅広いシーンで活用可能です。

P1000054

左右のリムは、それぞれブロウバーから独立して固定されているため、掛け外し等の負荷をブロウバーで受け止めてつつ、レンズに干渉することもない最適なフレームバランスを実現します。

P1000057

こちらのシリーズは『アスタリスクシリーズ』として展開されています。999,9の横に刻印されるこの記号には、フレームについての注釈、あるいはさらに深く伝えたいことがあるという、フォーナインズからのサインです。S-90Tシリーズは、特に高いクオリティーを求める方に、積極的にアプローチしたいシリーズなのです。

それぞれ4色展開。S-90T、91Tはメタルテンプル、S-92T、93Tではプラスチックテンプルでの展開となります。

是非、店頭にてそのクオリティを体感してみて下さい。

2010年2月15日 (月)

メタルナイロールからの提案。

「軽くて掛けやすいメタルフレームがいいな」「でも、メタルリムだとレンズの厚みが・・・」 特に中~強度近視の方にはレンズ厚というのはとても悩みどころですよね。

Img_1992

そんな方にもお勧め。フォーナインズ 2009 IOFTモデルより、S-101Tを詳しくご紹介します!

Img_1995 Img_1996

フレームを手に取ったら是非見て頂きたいのがこちら。レンズの厚みに配慮したレンズシェードです。ブリッジからサイドに向けて徐々に幅広になり、最も幅のあるレンズ側面で3.4mmとなっています。ちなみに通常メタルリムは2mm幅ですので、対レンズ厚にかなり余裕が生まれます。

また、単に幅広にするだけでは平坦に見えてしまうので、レンズシェード上面にラインを施し奥行きのある表情を作っています。

Img_1998

フロント構造では、これまでで最長となるフロントブリッジを設定。長さ・厚み・ロウ付け方向の異なるダブルブリッジ構造が、適度な張りと強度を持ちフレキシブルな環境を作ります。

Img_1993

フロントフェイスはとてもシャープかつフォーナインズらしさの漂うライン。リムはブリッジで固定されていて、レンズシェード自体はレンズには全く干渉しません。

Img_1994

逆Rヒンジと同等の機能を異なるアプローチで表現した、バランサー機能を持つヒンジを搭載。このパーツを起点として、フレーム全体で力の吸収・分散を行います。少し見辛くなってしまいましたが、テンプル合口には二又の削り込みが入っていて、バネの長さを大きく取ることでより効果的に機能するようになっています。

Img_2001

雑誌や広告媒体などで多く目にするのは、こちらのブルーカラー(Col.7)。深い光沢とメタリック感のある塗装色です。

機能もさることながら、掛け心地もとてもいいシリーズです。是非、お試しくださいね!

2010年2月14日 (日)

M-13・M-14

M-10シリーズを、継承したモデルとして登場以来、定番ともいえるM-13シリーズ。

Img_1980_2

スクウェアな印象のM-13 少しクールで大人の雰囲気が漂います。

Img_1979_3

やや丸い感じのM-14 フォックスのシェイプがなんともモダンでは。

Img_1991

一見、フルリムの様に見えるかもしれませんが、実は、ナイロールフレームなんです。

フロントは、シートのチタン素材を使用し、プレスにより立体感のある表情です。見た目には、重量感たっぷりに感じるかもしれませんが、オールチタン使用で軽く、仕上がっています。

Mシリーズの中でも、かけ心地抜群、そして、とても艶やかな雰囲気のM-13シリーズ。

ぜひ、ご覧下さいませ・・・

2010年2月13日 (土)

NP-50入荷!

Img_1971

NP-50(Col.88)が入荷いたしました!クリスタルスモークカラーで非常に人気の高い一本です。

Img_1972_2

フロントフェイスはこんな感じ。智元にエッジが利いていて、とてもシャープなイメージです。

Img_1973 Img_1974

先日先に入荷していたNP-51と比べると、NP-50の方ががっしりした印象。

Img_1976

サイドイメージは目元を覆うようなシルエットですので、とてもインパクトがあります。

Img_1977_2

もちろん左テンプルにはストッパー付き。右から畳むとテンプル先がレンズに当たる場合があります。必ず左から畳んでくださいね。

Img_1978

現在全6色、久しぶりに揃っております!(ちなみにNP-51も全色揃っております!)

今ならすべてのカラーをお試し頂けますので、是非ご来店くださいね!

2010年2月12日 (金)

バッグもあります。

Img_1965

最近ご来店頂いた方は、カウンター奥にあるこのバッグに気づいてもらえたかもしれません。実はこちらのバッグ、フォーナインズ製のバッグなんです。

Img_1968

ご覧の通り、バッグ表面だけでなくファスナースライダーには『999,9』の刻印が。

Img_1967 Img_1966

ハンドル取り付け部分は非常にしっかりしています。そして前面には携帯電話など、サッと取り出したい小物が入るポケットも付いています。

Img_1969 Img_1970

中はベルクロ付きの仕切りと、これまた小物が入る小ポケットで分かれています。右写真にご注目。なんと5本入りのコレクションケースは、縦にすっぽり収まってしまいます!旅のお供にお気に入りのフレームたちを・・・なんてことも可能ですよ。

ホワイト×エナメルとカーキ×ナイロンの2色2素材展開。価格は5,250円で販売中です。こちらは完全に在庫限りですので、フォーナインズグッズが気になる方、要チェックです!

2010年2月11日 (木)

S-800T

本日は、昨日の定休日前に入荷したS-800T(Col.2087)を詳しくご紹介!

Img_1959_2

メタルブロウ・メタルナイロールシリーズの中でも、それまでと違う要素(essence)を加え、2008年春モデルとして登場しました。

Img_1961

正面から見ると、本当にシンプル!ブロウラインに沿うようなレンズカットでシルエットは綺麗にまとまっています。玉型は天地の浅いスクエア形状。天地26mmです。

Img_1962

ブロウラインの上面を敢えて見せるように面を繋げ、智からブリッジにかけてはできるだけ細く。そのギャップによりシャープな表情を作っています。ブリッジの前出しも大きく取り、その印象を高めます。

Img_1960

こちらのカラーはプラスチックテンプル。S-800Tシリーズはメタルテンプルで3色、プラスチックテンプルで3色の全6色展開となっています。

Img_1963

逆Rヒンジは、出来る限り熱による負担をかけないよう、レーザー溶接が使用されています。ブロウのスマートなラインを壊さない、小ぶりなヒンジが用いられています。

Img_1964

文章を書いている本人も、S-800T(Col.12)を愛用しています。非常に掛けやすく気に入っています(^^)ノ

現在店頭には、ブラウン(メタルテンプル)、ゴールド×ビール(プラスチックテンプル)、そして、シルバー×クリスタルダークスモーク(プラスチックテンプル)の3色を在庫しております。その他のカラーは2月中旬以降の入荷予定となっております。

細身ながら非常に印象の強い、高い質感を持ったフレームです。是非一度お試しください!

2010年2月10日 (水)

本日、水曜日は定休日です。

Img_18121

本日、水曜日は定休日です。
明日は、通常通り11:00から20:00まで営業させていただきます。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

2010年2月 9日 (火)

広告撮影の風景。

当店では月1回のペースで、主に茨城県南地区で配布されている『常陽リビング』誌に、広告掲載を行っています。ちょうど今日、その撮影がありましたので、その模様をお伝えしたいと思います!

Img_1949

まずは、バックになる部分とフレームをセッティング。今回は白い紙をくしゃくしゃにすることでエンボス感を出せないかと狙ってみました!フレームはどのシリーズか・・・お分かりになりますか??

Img_1950

そうこうしているうちにも、カメラマンさんのセッティングは着々と進んでいきます。この傘がフラッシュの光を拡散して、フレームのカラーがはっきりくっきりするわけですね。

Img_1951

そして撮影開始!タイマーを使って1枚1枚、少しずつアングルなども変えながらベストな1枚になるよう調整していきます。スタッフはただただ静かに見守るばかり・・・。

この後、フォーナインズの営業担当氏も含め、何度か校正をして、無事掲載にいたります。今回の撮影分は3/6(土)の常陽リビング誌に掲載予定です。毎回カッコよく仕上げて頂いてますので、常陽リビング誌がお手元に届いたら是非ご覧になって下さいね!

~本日の入荷情報~

今日は4本のフレームが入荷してきております!

Img_1953 Img_1954

Img_1955 Img_1956

上段左から、S-800T(Col.2087)、S-810T(Col.10)、

下段左から、NPM-01(Col.3708)、NPN-912(Col.19)です。

どれも人気色です。気になる方はお早めに!

2010年2月 8日 (月)

SP-02T

Img_1941

先日SPシリーズを気に入って頂いて、SP-02Tをお買上下さったお客様がいらっしゃいました。フォーナインズフレームの中でも『SPECIAL』『SPORTS』を掲げ、特にヘルメット装用時を想定している特徴的なこちらの一本、徹底的にご紹介します!

Img_1943

フロントの構造としては、前後からの力に対して十分な強度を確保するため、他の品番に比べると幅の広いリムが採用されています。レンズサイズが比較的小さめなのも特徴ですね。

Img_1944

柔軟性と剛性を合わせ持つツーブリッジ使用。長いフロントブリッジは表から、リアブリッジはリム横と裏面と3点でロウ付けされていて、特にねじれに対してフレキシブルに対応します。パットには当たりのいいシリコンパットを採用。ずれにくくなっています。

Img_1948 Img_1945

テンプル長はあえて短くすることで、違和感の少ない安定した掛け心地になっています。そして、ヘルメットをかぶった際には着脱時に影響するため 、逆Rヒンジは非搭載。そのかわりにテンプル自体を薄く幅広にして弾性を持たせ、柔らかい掛け心地を実現しています。

Img_1946

999,9のロゴは、フレームの大きさに合わせレーザー刻印で小さめに彫り込まれています。

フォーナインズの中でも新しいカテゴリーであるという意味も込めて、カラーは迷彩色を意識した7色展開。SPORTSモデルとしてヘルメット着用に着眼したフレームですが、比較的小さく、かつフラットなテンプルを持っていますので、お顔の小さめな方はもちろん、帽子を良く被る方などという場合でも、お勧めできる一品です。

2010年2月 7日 (日)

レディース×プラスチック

Img_1935

2009 IOFTモデルとして登場した、プラスチックレディースフレームNP-70シリーズ。入荷時にもご紹介しましたが、今回は写真付でクローズアップしていきます!

Img_1936 Img_1937

まずフロント。上下のリムをご覧頂くと、厚みが違うのがお分かりになるかと思います。さらに右の写真。上部前面から後面にかけて丸みのあるカットが入り、半曲の智に繋がります。これによって、これまでに柔らかな印象を作っています。

Img_1939

コートパットには女性の顔や鼻筋を考慮した新しいタイプを採用。正面から目立たないよう体積は小さくしながらも、接地面積を多く取れる曲面形状になっていますので、快適な掛け心地を得られます。

Img_1938

逆Rヒンジも、正面から目立たない細身のタイプを使用しています。強度を出すため土台となるパーツは一体形成され、安全性もバッチリです。

Img_1940

そして、こちらのシリーズの目玉!テンプル全面に細かいラメが入ります。光の当たり方によってきらびやかに輝きます。

NP-70、71の2型全7色。サイズ感も非常に良くまとまっていて、かけごこち抜群です。新しくプラスチックフレームをお探しの情勢の方、必見ですよ!

2010年2月 6日 (土)

NP-51、待望の入荷!

大変長らくお待たせ致しました。しばらく欠品となっていたNP-51、73カラー(オリーブ)が待望の入荷です!

Img_1929

こちらのシリーズは、2008 IOFTモデル。S-590Tシリーズのプラスチックバージョンとなり、これまでのプラスチックフレームにはない立体感・奥行きを感じて頂けるフレームです。

Img_1933

正面から見ると、意外とすっきりと収まったフロント。

Img_1932

ダブルフロントの要、インナーフレームです。テンプルからの負荷はレンズに干渉することがありません。さらに、リムの距離が短くなっていますので、レンズカーブで表情を変えて頂くことも可能です。

Img_1934

おなじみストッパーは、こちらにも搭載。テンプル先がレンズに当たってしまう心配がありません。

Img_1931

フォーナインズでは初となる飾り金具を用いていますが、こちらも実用的。フロント側の金属パーツは、プラスチック生地を挟み込むようにしてネジで固定されています。蝶番部分の強度を考慮した設計です。

現在店頭には全6色全て揃っております。しかしながら、今回ご紹介したオリーブを含め、一部カラーについては店頭在庫がなくなってしまうとまた数カ月お待ち頂く形になってしまいます。

検討されている方は、是非お早めにお問い合わせ、またはご来店くださいませ。お待ちしております!

2010年2月 5日 (金)

M-20シリーズ

素材のみならず、機能や構造、考え方など、様々な要素をミックスしてきたMシリーズ。その核となるアイテムとして誕生したM-20シリーズに迫って見たいと思います。

Img_1928 Img_1920

今回のMシリーズは、機能美の目立つメタルブロウと、異素材を組み合わせたプラスチックブロウの2型で展開しています。

Img_1922

フロント構造ではダブルフロント構造を応用して、掛け外しの際の負荷がレンズに直接かかるのを防ぎます。また、ロウ付け箇所に力が干渉しにくい設計になっており、強度バランスも向上しています。

Img_1923

逆Rヒンジは、テンプル外側まで伸ばして固定されています。さらに、ヒンジ部と外側の金属部分では異なるチタン材を用いることで、負荷を効率的に吸収するだけでなく、パーツに求められる機能性が最大に発揮されるようになっています。流れるようなパーツの廻り込みが、とても美しいですよね。

Img_1924

M-21では、プラスチックテンプルの合口内側に段差をつけて十分な厚みが取られていますので、金属パーツをしっかりと固定できます。

Img_1926

ブロウパーツでまず目を引くのが、建築資材等に用いられるL字鋼(アングル)を応用した構造です。フロントの強度が高く保たれるのはもちろん、細く洗練されたブロウラインを生み出しています。

Img_1925

ブロウパーツとヨロイもL字パーツで繋がれていますので、テンプルの動きがレンズには全く干渉しません。

Img_1927

M-21には、プラスチックブロウ×プラスチックテンプルを採用。独特なボリューム感や質感、異素材が織りなす融合感を感じて頂けます。

それぞれ5色展開。在庫切れのカラーについては、現在のところ2月下旬の入荷予定となります。

実際に手に持ってみると、その剛性感の高さと高いプロダクト性に驚きます。是非、お試し頂きたいシリーズです。

2010年2月 4日 (木)

S 字パーツ

女性用フレームの中でも、掛け心地の良さは、とトップレベルともいえる S-700Tシリーズ。

その理由の一つとしての、機能を担うのが、S字パーツです。

Img_1918

弾力性のあるチタン材を使用した、S字パーツを、ダブルで組み合わせたことにより、頭部に過度な負担が掛らないように作られています。

その為、とてもソフトで、柔らかな 掛け心地が得られます。

さらに、女性用フレームらしく唐草をイメージしており、流れる様に繋がったS字パーツで、華やかな印象です。

より、軽く、柔らかな掛け心地を ・・・    ご希望の方 !

是非、お試し下さい。

2010年2月 3日 (水)

本日、水曜日は定休日です。

本日は、お休みさせていただいております。

明日は、通常どおり、11時から営業させていただきます。

Img_18441

2010年2月 2日 (火)

NP-40 Col.90

P1000046_2

NP-40 90カラー(ブラック)が入荷いたしました!

NP-40シリーズのブラックは大変回転が速く、入荷するとそれほど間をおかずにお買上というケースが多く、当店でも非常に注目度の高いフレームです。

P1000047_2

フロントシェイプは、下部にエッジのきいたフォックスタイプといった感じで、肉厚感も高くとても質感が高いです。

P1000048_2

金属部分はプラスチックのボリューム感に合わせ、機能性だけでなく見た目にも美しいフレームとなっております。

P1000049_2

コートパットには、複数のカーブを組み合わせた多面的な曲面が加えられていて、非常に乗りのいいフレームに仕上がっています。

現在店頭には、NP-40、43のブラックが並んでおります。NP-41のブラックは入荷直後におとりおきさせて頂き、何と今回店頭に並ぶことすらなくお客様の手に渡ってしまいました!(NP-41 90カラーも改めて近日入荷予定です)

定番ブラックカラーということで、狙っている方もたくさんいらっしゃると思います。当店でも極力在庫を切らさないようにしておりますが、気になっている方はできるだけお早めにチェックしてみてください!

2010年2月 1日 (月)

久々に

P1000040

今日は久しぶりに、2009 IOFTモデルからのご紹介。当店代表も愛用中のNPN-910シリーズをクローズアップです!

P1000039

フロントシェイプは、従来のプラスチックナイロールタイプであるNPN-900シリーズに比べて、かなりボリュームのある仕上がりになっています。表情にインパクトを与える存在感のある仕上がりです。

P1000042

しかしながら、こちらのシリーズはクリングスパッドがついておりますので、顔への乗りも非常に良く、フロントの見た目に反して重さを感じさせない作りになっています。このあたりも、プラスチックナイロールフレームの“核”となるべく生まれた所以かもしれません。

P1000041

逆Rヒンジには、ボリュームのあるフロントに見合った幅・厚みが設定され、負荷の吸収や型崩れの防止を担っています。ちなみに、写真を見て頂くとわかるように、智の部分が緩やかに弧を描いています。このおかげで見た目に角が立たず、柔らかい印象を作り出しているのです。

P1000044  P1000043

そして、フォーナインズのプラスチックナイロールといえばコレ。ナイロン糸をしっかりと止めるための金属パーツです。メタルナイロール同様にしっかりと糸を張りレンズを固定できるようになっていますので、フロントの強度を高く保つことが可能です。また、糸に極端な負荷がかかった際の、リムへのダメージを防ぐ役割も果たしています。

NPN910、911、912の3型6色展開。現在店頭在庫は非常に少なくなってきております。改めての入荷までは現在1か月程度はお待ち頂く形になっておりますので、気になる方は是非お早めに!

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近の写真

  • M455
  • M454
  • M453
  • M452_2
  • M451_2
  • M45_9001
  • M45_6952
  • M45_6943
  • M45_5081
  • M45_0203
  • M45_2801
  • S1453