« NPM-03 | トップページ | 趣向を変えて・・・ »

2009年9月18日 (金)

ブロウラインの存在感

メタルフレームの中でも、ブロウラインの強調されたフレームは、ビジネスシーンにおいてワンランク上の知的なイメージへシフトできます。そんな効果を期待される方にピッタリなのが、本日ご紹介しますS-307Tです。

Dvc00219

一体に見えるブロウラインは、トップリムが強調され目元に強烈なインパクトを生み出します。しかしながらこのブロウライン、やはり適材適所の素材使いは考慮されていて、力が集中する2本のブリッジには柔軟性のあるβチタンを、ボリュームのあるヨロイ部分には硬質な純チタンを用いて、一本のブロウバーを構成するこだわりのフレームになっています。

こちらのレンズ縦幅は27ミリとなっていて新進気鋭のイメージを彷彿とさせます。同じシリーズのS-306Tですと、レンズ縦幅が30ミリとなり、貫禄感を演出することも可能です。

存在感で人気のブロウフレーム、一度試してみてはいかがでしょうか。

« NPM-03 | トップページ | 趣向を変えて・・・ »

メガネ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128628/31425676

この記事へのトラックバック一覧です: ブロウラインの存在感:

« NPM-03 | トップページ | 趣向を変えて・・・ »

最近の写真

  • 9999_case_20171019
  • 2017_2018_siteimage
  • 2017_ioft_4
  • 2017_ioft_3
  • 2017_ioft_2
  • 2017_ioft
  • Fntop20170922
  • Np86_20171007
  • Tw60t_20171006
  • S141t_20171002
  • Npm43_20171001
  • Np726_np727