« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

M-08シリーズ

Dvc00229

M-08シリーズは、いわゆる『サーモント』と呼ばれるブロウ部分にプラスチック使いをして、ラインを強調したモデルを踏襲しており、歴史のある古典的なアイテムとなっています。

しかしながら、最近ではこのスタイルが若い方にも受け入れられてきている面もあり、懐かしさと新しさを内包した魅力的なフレームに仕上がっています。

このシリーズでは、建築資材等にみられる『H構造』を応用し、ブロウラインに組み込むことで、非常に強い剛性を確保しています。入力された力はこの構造で受け止め、逆Rヒンジやブリッジ部で受け流すことで、型崩れを防ぎます。

写真のクリアタイプのカラーでは、中の構造まで見て頂くことが可能ですので、是非お手に取ってチェックしてみてください。

2009年9月23日 (水)

TW-50シリーズ

フォーナインズらしい観点から、女性が「掛けてみたくなる」メガネとしてリリースされた、TW-50シリーズのご紹介です。

Dvc00228

ヒンジとして使われている全部で3本のS字型のパーツは、先端の処理に至るまで繊細で女性らしいデザインを与えられ、負荷の分散と吸収を行います。また、テンプルが深めのカーブを描いて頭部にやさしくフィットしますので、締め付けは少なく負担がかかりません。

鼻パットもカーブを変え、接地面を大きく取れるようになっており、またサイズを小さくし、透明樹脂のピンで装着するなど、正面から見た際の印象にまで考慮が及んでいます。

レンズの天地幅がA(レギュラー)・B(幅広)タイプの2種類ご用意可能ですので、お顔の印象に合わせてお選びいただいたり、遠近両用レンズをお求めの方などにもご提案させて頂いております。

見た目にも非常に美しいモデルとなっておりますので、是非一度ご覧頂ければと思います。

2009年9月21日 (月)

趣向を変えて・・・

普段はフレームやその素材、パーツに焦点を当てていますが、今日は少し方向を変えて、フォーナインズのメガネケースのお話です。

Dvc00226

写真のようにフォーナインズのケースにはさまざまなカラーパターン、ケースサイズがございます。基本的に、フレームをお買い上げ頂いた方に一本につき一つ、お好きなものをお選びいただく形になっています。

外側だけでなく、内側のカラーも一つ一つ凝った配色になっていますので、悩まれる方もいらっしゃいますよ。

スタッフにお申し付けいただければ、ケース見本をお出し出来ますので、是非お気軽におっしゃっていただければと思います。

2009年9月18日 (金)

ブロウラインの存在感

メタルフレームの中でも、ブロウラインの強調されたフレームは、ビジネスシーンにおいてワンランク上の知的なイメージへシフトできます。そんな効果を期待される方にピッタリなのが、本日ご紹介しますS-307Tです。

Dvc00219

一体に見えるブロウラインは、トップリムが強調され目元に強烈なインパクトを生み出します。しかしながらこのブロウライン、やはり適材適所の素材使いは考慮されていて、力が集中する2本のブリッジには柔軟性のあるβチタンを、ボリュームのあるヨロイ部分には硬質な純チタンを用いて、一本のブロウバーを構成するこだわりのフレームになっています。

こちらのレンズ縦幅は27ミリとなっていて新進気鋭のイメージを彷彿とさせます。同じシリーズのS-306Tですと、レンズ縦幅が30ミリとなり、貫禄感を演出することも可能です。

存在感で人気のブロウフレーム、一度試してみてはいかがでしょうか。

2009年9月15日 (火)

NPM-03

NPM-03がただいま全色揃っております!

Dvc00218

こちらは当店でも人気フレームの一角で、ブリッジの上部が美しい曲線を描き、またそのラインを引き立たせるために、ブリッジ下部にシャープなカットを入れているのが特徴です。

NPM-03は、シリーズの中でも特徴あるスクエアなレンズカットを持っており、男女問わず、知的な雰囲気を演出することも可能です。

鼻パットはシリコンパットを使っていますので、ずれ落ちも少なく、柔らかな装着感に繋がっています。

クリアカラー5色にブラック1色の全6色展開。是非チェックしてみてください!

2009年9月14日 (月)

SP-01Tシリーズのご紹介

今日はフォーナインズの中でも新しいラインとして2006年に登場した、SP-01Tシリーズについて掘り下げてみたいと思います。

Dvc00217

SPシリーズは、「SPECIAL」「SPORTS」といった意味で、特別な機能や特徴を持つシリーズです。今回のシリーズは、バイクなどのヘルメットを着用する際にその特徴を発揮します。

ヘルメットを装着する際、どうしても逆Rパーツは着脱に影響してしまいます。そのため、あえて使用せず、テンプル自体に高い弾性を持たせ安定した掛け心地を実現しています。また、ショートストレートテンプルという、短くかつ幅広で薄いテンプル形状をしていますので、ヘルメットの中で違和感を感じてしまうことを低減しています。

ブリッジも2重構造とし、フロント前後からの力に対し強い剛性を持っています。鼻パットはシリコン素材ですので汗をかいてもズレが起きにくくなっています。

これからの季節、写真のようにサングラス仕様にして、秋のツーリングなどいかがですか?

2009年9月13日 (日)

NPN-900シリーズ

NPN-900、902が現在全7色すべて揃っております!

Dvc00216

こちらのシリーズは、フォーナインズ初のナイロールフレーム(レンズをナイロンの糸で吊っているタイプ)として発表されて以来、大変好評を頂き品薄が続いておりました。残念ながらNPN-901は今回全色は揃わなかったのですが、全7色中6色が店頭に並んでおります。

とてもスッキリしていて軽快感溢れるフレームとなっております。是非お手にとって御確認下さいませ。

2009年9月12日 (土)

最新入荷情報。

しばらくぶりのブログです。ご無沙汰しております。

999,9 selected by HASHIMOTO オープン以来欠品が続いておりましたNP-704、現在全8色全て揃っております!

Dvc00215

こちらのフレームは、レンズカットの形状としては非常にスクエアなのですが、フォーナインズの中でも全体を細身にまとめることでとてもバランス良く仕上がっております。

逆Rパーツも細身なフレームに合わせ、高強度かつ細く繊細なものを使用しております。

某俳優さんがプライベートでもこちらのブラックを使用されており、お問い合わせを頂くこともございます。気になる方は是非ご自身の目でチェックしてみてください。

追加情報:

第二アサ秘ジャーナルでのフォーナインズの特集が、好評により1週追加されました。

今週の水曜深夜にも3回目の放送がございますので、お時間の合う方はぜひご覧になってみてください。

2009年9月 1日 (火)

フォーナインズがテレビ取材されます。

この度、フォーナインズがTBS「第二アサ秘ジャーナル」に取材されました。

「これは一体どうやって作っているの?」「それは一体ナゼ?」そんな素朴な疑問を独自の目線で解き明かしていくべく、一つのものが出来上がるまでの過程をつぶさに取材するというこちらの番組。

今回はフォーナインズフレームにフォーカスを当て、S-280Tシリーズを中心に工場での生産工程から、フォーナインズのものづくりの姿勢をご紹介いただくようです。

放送スケジュールは

放送日 : 2009年9月2日、9日(水)

       ※2週にわたり放送されます。

放送時間 : 深夜25:30頃スタート

放送地域 : 関東広域圏(関東1都6県)

となっています。

どんな内容なのか、私たちも興味津々です。

夜中の放送ですが、お時間ある方は是非チェックしてみてください。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

最近の写真

  • Npm106_06
  • Npm106_05
  • Npm106_04
  • Npm106_03
  • Npm106_02
  • Npm106_01
  • Npm106_9001
  • Npm106_6152
  • Npm106_6143
  • Npm106_2801
  • Npm106_1403
  • Npm106_20171116