« NPM-10、入荷! | トップページ | S-590Tシリーズのご紹介 »

2009年8月24日 (月)

S-270Tシリーズの隠れた特徴

今日は、2009年春モデルの中でも圧倒的な存在感を放つS-270Tシリーズ(以前の記事もご参照ください)について、もう少し掘り下げてお話ししてみたいと思います。

Dvc00149

実はこちらのシリーズ、フロントとテンプルだけでなく、逆Rヒンジとそこから伸びる外側のパーツまで素材が異なっているのです。

逆Rヒンジにはβチタンを用いてフレキシブルに力を解消させつつ、側面パーツには純チタンを使用して全体をしっかりと支えています。(チタン素材についての記事もぜひご覧くださいね)

この適材適所での素材の使い分けが、パーツの機能を最大限に発揮し、破損しにくい環境を作っているのです。

また、ブリッジ部にも逆反りを防止するため、2重構造のブリッジ前側には純チタンを、後ろ側にはβチタンを横方向に配置して、極端な負荷がかかった際にも、剛性と柔軟性を生み出すことを可能としています。

このように見た目の存在感だけでなく、「機能優先」のフォーナインズの考え方が、しっかりと投影されているのです。

« NPM-10、入荷! | トップページ | S-590Tシリーズのご紹介 »

メガネ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128628/31086065

この記事へのトラックバック一覧です: S-270Tシリーズの隠れた特徴:

« NPM-10、入荷! | トップページ | S-590Tシリーズのご紹介 »

最近の写真

  • Npm106_06
  • Npm106_05
  • Npm106_04
  • Npm106_03
  • Npm106_02
  • Npm106_01
  • Npm106_9001
  • Npm106_6152
  • Npm106_6143
  • Npm106_2801
  • Npm106_1403
  • Npm106_20171116