« ブリッジ | トップページ | フォーナインズの鼻パット »

2009年8月14日 (金)

フォーナインズのモダン

眼鏡をかけようとしてまず最初に肌に触れる部分、それはモダン(先セル)です。

Dvc00138_2

上の写真のように、フォーナインズフレームは基本的にモダンの先端を丸く成形しています。これはメタルフレームもプラスチックフレームも同様で、そのため、眼鏡が最初に肌に触れる瞬間から、快適な感覚を得られるのです。

そして逆Rヒンジ、緩やかに弧を描いたテンプルと合わせ、接地面を多く取るように設計することで、しっかりフィットしつつも締めつけ感のないフレームが完成します。

パットやブリッジの工夫もそうなのですが、こういったちょっとした工夫がフォーナインズフレームの掛け心地の良さに繋がっているのです。

« ブリッジ | トップページ | フォーナインズの鼻パット »

メガネ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128628/30956947

この記事へのトラックバック一覧です: フォーナインズのモダン:

« ブリッジ | トップページ | フォーナインズの鼻パット »

最近の写真

  • 20171120
  • Npm106_06
  • Npm106_05
  • Npm106_04
  • Npm106_03
  • Npm106_02
  • Npm106_01
  • Npm106_9001
  • Npm106_6152
  • Npm106_6143
  • Npm106_2801
  • Npm106_1403