« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

M-04シリーズ

フォーナインズといえば逆Rヒンジ。定番ですが、それに並ぶ同等の機能を持った新しい機構をもったモデル。今日ご紹介するM-04シリーズです。

Dvc00211

こちらのシリーズの最大の特徴は、テンプルに配置した機能性の高い弾性パーツと、それと対をなすヨロイパーツによる、バランサー機能です。

M-04シリーズでは、ヒンジだけに力を吸収させるのではなく、テンプル先端部を起点としてフレーム全体で力を分散し、さらに負荷がかかるような場面では、ヨロイパーツで力を受け止める作りになっています。

こちらは逆Rヒンジに並ぶ機能を持った新しい機構として、2008年秋に発表されました。

フェイスとしては、力強いブロウラインでとても引き締まって見え、ダブルフロント構造(フェイスフロントとレンズを組み込むインナーフロント)を用いることによって、掛け外しの際の負荷がレンズにかかることもありません。

プラスチックブロウから智を下ろし、そこからモダンまで異素材を違和感なく組み合わせるこちらのミックスフレーム。若い世代の方には新しさを、ある世代以上の方には懐かしさを感じていただける、世代を超えたシリーズなのです。

2009年8月29日 (土)

S-590Tシリーズのご紹介

当店に入ると、すぐ左手上段に整然と並べられているモデルがS-590Tシリーズです。

Dvc00210

こちらのシリーズには、1枚のチタンシートをくり抜き、圧力をかけて成形することで生まれる、シートメタルフロントを採用しています。テンプルをつなぐ表側のフェイスフロントと、レンズを支える側のインナーフロントで構成されているため、レンズが浮いているような特徴的なルックスを備えています。

インナーフロントは、様々なカーブのレンズに対応できるようになっています。これにより、レンズカーブの違いを表情の変化に置き換えることができ、フェイスフロントがレンズをまたいだり、沿うように見せることもできます。

また、鼻パットにはシリコン素材のパットを使用しており、重さを感じさせない快適な掛け心地となっております。もちろんシリコンパットは単独で交換が可能ですので、経年変化等で劣化することがあっても、パーツ交換により末長くフレームをお使いいただけます。

当店では現在、こちらのシリーズをサングラス仕様で店頭陳列しています。存在感はバッチリですよ。

もちろん度入り無色でお作り頂けますので、是非店頭でチェックしてみてくださいね。

2009年8月24日 (月)

S-270Tシリーズの隠れた特徴

今日は、2009年春モデルの中でも圧倒的な存在感を放つS-270Tシリーズ(以前の記事もご参照ください)について、もう少し掘り下げてお話ししてみたいと思います。

Dvc00149

実はこちらのシリーズ、フロントとテンプルだけでなく、逆Rヒンジとそこから伸びる外側のパーツまで素材が異なっているのです。

逆Rヒンジにはβチタンを用いてフレキシブルに力を解消させつつ、側面パーツには純チタンを使用して全体をしっかりと支えています。(チタン素材についての記事もぜひご覧くださいね)

この適材適所での素材の使い分けが、パーツの機能を最大限に発揮し、破損しにくい環境を作っているのです。

また、ブリッジ部にも逆反りを防止するため、2重構造のブリッジ前側には純チタンを、後ろ側にはβチタンを横方向に配置して、極端な負荷がかかった際にも、剛性と柔軟性を生み出すことを可能としています。

このように見た目の存在感だけでなく、「機能優先」のフォーナインズの考え方が、しっかりと投影されているのです。

2009年8月23日 (日)

NPM-10、入荷!

お待たせしました。

NPM-06シリーズ待望の追加モデル、NPM-10が全色入荷です!

Dvc00147

こちらは、NPM-08、09に続くレディースサイズとなっており、繊細なフレームラインとグラデーションカラー、さらにオーバルのレンズシェイプを合わせこむことで、非常に柔らかい表情を生み出しています。

カラーは全7色、今ならすぐにお試し頂けます。

お近くにお立ちよりの際は是非実物をご覧になってみてくださいね。

2009年8月18日 (火)

NPM-06,07全色入荷!

昨日に引き続き、NPM-06、07シリーズが全色揃いました!

Dvc00142

こちらのシリーズはレギュラーサイズでの展開となり、男女問わず着けて頂くことが可能です。

カラー展開も、NPM-08、09に比べてシックなラインとなっており、主張の強いプラスチックフロントでありながらも、非常に落ち着いた雰囲気を醸し出しています。テンプルはチタン使いのメタルになっていますので、細くかつ繊細なイメージ作りにも一役買っています。

掛け心地の良さももちろんフォーナインズフレームならでは。

是非一度お試しください。

2009年8月17日 (月)

NPM-08,09全色入荷!

この春の新作、NPM-08、09シリーズが全色揃いました!

Dvc00141

NPM-08、09はレディースサイズでの展開となり、NPM-06、07のレギュラーサイズと合わせて、ペアで着けて頂くようなことも可能です。

リムの上部を1.8mm、下部を1.6mmと上下の厚みに変えることにより、正面から見た時の印象をすっきりとさせています。もちろん強度に問題はありませんよ。

それぞれカラーは7色展開、4色のグラデーションカラーは特に人気があり、当店では「グラデーションペールグリーン」がお勧めのカラーとなっております。定番のソリッドブラックもございますので、きりっと決めたい方にはそちらもチェックして頂ければと思います。

2009年8月16日 (日)

フォーナインズの鼻パット

先日のモダン(先セル)の話に続いて、今日はフォーナインズフレームに装着されている鼻パットに着眼してみたいとおもいます。

Dvc00139

上の写真を見ていただくと分かるのですが、フォーナインズフレームでは鼻パットだけで実に6種類もの部品を使い分けています。

上段左から、コウラパット、カメパット、クリアパット(フラット)

下段左から、チルドレンパット、クリアパット(カーブ)、ラメカメパット、となっています。

クリアパット(フラット)以外は、以前少しだけ触れたいわゆる局面成形となっており、あらゆる方のお顔にフィットできるよう計算されています。

また、すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、パットにコウラやカメがデザインされ、部品の名前もカメそのままです。これはフォーナインズを創業した三瓶(みかめ)氏の名前に由来しており、フォーナインズフレームの中で隠れたチャームポイントになっていたりするのです。

2009年8月14日 (金)

フォーナインズのモダン

眼鏡をかけようとしてまず最初に肌に触れる部分、それはモダン(先セル)です。

Dvc00138_2

上の写真のように、フォーナインズフレームは基本的にモダンの先端を丸く成形しています。これはメタルフレームもプラスチックフレームも同様で、そのため、眼鏡が最初に肌に触れる瞬間から、快適な感覚を得られるのです。

そして逆Rヒンジ、緩やかに弧を描いたテンプルと合わせ、接地面を多く取るように設計することで、しっかりフィットしつつも締めつけ感のないフレームが完成します。

パットやブリッジの工夫もそうなのですが、こういったちょっとした工夫がフォーナインズフレームの掛け心地の良さに繋がっているのです。

2009年8月10日 (月)

ブリッジ

フォーナインズというと逆Rヒンジに目が行ってしまうかもしれませんが、実はブリッジの構造にも深いこだわりがあるのです。

Dvc00135

写真はS-70Tというフレームなのですが、良く見るとブリッジが3重構造になっているのです。

3本のブリッジをリムの表と裏から交互に取り付け、フロントにかかる多方向からの歪みを防ぎ、フロントに最適な張りと剛性を生み出すことに貢献しています。

一見するといたって普通のメタルフレームのようでも、良く見るとこんな発見があるのもフォーナインズの面白い所かもしれません。

2009年8月 9日 (日)

NPMシリーズのご紹介

本日ご紹介のNPMシリーズ、昨日掲載致しましたNP-50シリーズに続いて、当店人気モデルの一角でございます。

Dvc00134

フロントはプラスチック、テンプルはチタンと異素材の組み合わせを用いており、一見してスタンダードな形状ながら、一風変わった雰囲気が受けているのかもしれません。

レギュラー展開していたNPM-01~05に加え、2009年春モデルとしてNPM-06~09(08、09はレディース展開)も追加され、益々人気が上がっております。

カラーもクリアプラスチックラインに加え、ソリッドなブラックを含む多色展開になっていますので、きっと気に入る一本が見つかると思いますよ。

2009年8月 8日 (土)

NP-50シリーズ勢揃い

大変長らくお待たせ致しました!

開店以来、品薄が続いておりましたNP-50シリーズが、ついに全色入荷です!

Dvc00132_5

迫力のあるフロントにフローティングさせたレンズが特徴的なこのシリーズ、実は当店一番人気のモデルなのです。

今なら全6色すべてご覧頂けますので、ぜひ足を運んでみてください。

これからの季節、このフレームでサングラス仕様というのもオススメですよ。

2009年8月 1日 (土)

フレームシリーズ

フォーナインズフレームはさまざまなシリーズ展開を行っています。

そのあたりに軽く触れてみたいと思います。

1.メタルフレーム

軽量なチタン素材をふんだんに使用したフレームです。適材適所で使用する素材を変えることで、しなやかさと剛性を生み出しています。

2.リムレスフレーム

リム(レンズを囲む部分)のない、もしくはブリッジ部のみにわずかに配置した、見た目にも、視界の確保という点でも非常にすっきりしたラインです。

3.コンビネーションフレーム

フロント部にはメタルを、テンプルにはプラスチックを組み合わせることで生まれる、新感覚のシリーズです。2009年春モデルのS-270Tシリーズもこの種類なのです。

4.ネオプラスチックフレーム

先日ご紹介したプラスチックフレームです。調整可能箇所を増やし、そのためのパーツも新開発するなど、従来のプラスチックフレームの掛け心地が合わなかった方にもお勧めです。

5.プラスチックフレーム

天然のセルロイド素材を用いたシリーズです。逆Rヒンジは使われていないのですが、テンプルの厚みに変化を持たせ、ブリッジを頂点として全体的にカーブを付けることで、顔を包み込む美しいラインを構築するフレームです。

6.ミックスフレーム

力強いブロウラインを特徴とするシリーズです。クリングスやリムなどのパーツを1本のブロウバーに取り付け、そこから逆Rヒンジ、テンプルに繋がる構造が快適な掛け心地の一つを生み出しています。

7.チルドレンフレーム

フォーナインズの提案するお子様向けのフレームラインです。特徴的な機能や掛け心地はそのままに、配色やデザイン性に富んだフレームになっています。

8.SPフレーム

「SPECIAL」「SPORTS」、特別な機能や特徴を持つシリーズです。ツーブリッジにすることでフロントの剛性を高めつつ、ショートテンプル自体に弾性を持たせることで、特にヘルメット装着時などにその特徴が発揮されます。

長くなってしまいましたが、それぞれの特徴をつかんでお選びいただくと、一味違ったフォーナインズライフが始まるかもしれませんよ。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

最近の写真

  • S820t_s821t_3
  • S820t_s821t_2
  • M46
  • Np17
  • S820t_8
  • Np77
  • Np05
  • S320t
  • Npm46
  • S915t
  • Np95
  • Matsuritsukuba2017