トップページ | 2008年12月 »

2008年11月23日 (日)

きのうはうれしかったです。

昨日は、埼玉県の川越市からM様ご夫妻にご来店いただきました。片道2時間以上かけてご来店いただきました。久しぶりにお会いできて、本当に嬉しかったです。今後も、ご期待に添えるようがんばらなくては、と思います。ご主人様にフォーナインズのS-70Tをご購入いただきました。シャープなモデルで、とても良くお似合いになっていました。お金をいただいて、お褒めの言葉までいただいて、本当にありがたいかぎりです。
明日は、名古屋へ行ってきます。

2008年11月22日 (土)

シクラメンの花

http:/www.megane.e-tsukuba.jp/index.htm今日は、フォーナインズから離れてシクラメンの花です。クリスマスのイメージカラーで赤と白にして見ました。一般に、眼鏡店は、「季節感をだしづらい商売」と言われているのですが、少し変化をつけるだけで季節感がでてくるものです。春には春の、冬には冬のふさわしいカラーや物があります。フォーナインズもまた、適材適所という発想から、フレームの場所によって使用する素材をかえています。たとえば、力が加わる前面分には、固くて変型しにくいチタンを使用し、柔軟性を求められる、横の部分には柔らかなチタンといった具合に・・・・・。という感じで今日もフォーナインズから離れる事が出来ませんでした。Shikuramen

2008年11月21日 (金)

最高の道具

フォーナインズのフレームは、「眼鏡は道具である」という思想から発生した眼鏡です。最高の道具としての眼鏡の条件とは・・・軽い、かけやすい、壊れにくい、さびにくいという条件を満たしたものということです。フォーナインズの特徴である逆Rや亀パットは、そのような思想から生まれたものなのです。一つ一つのパーツからは、「完璧」という文字が連想されます。002

2008年11月17日 (月)

フォーナインズ新作

フォーナインズは、年二回、春と秋に新作をだしています。今回の新作、2008年秋モデルで人気になりそうなフレームS-640Tです。016_6

2008年11月 7日 (金)

フォーナインズの魅力とは

こんにちは。つくば市の眼鏡屋です。フォーナインズをとりあつわせていただき、約一年になります。売ってみたいと思った理由は、フォーナインズの機能美に魅せられたからです。軽くて、丈夫な眼鏡を造るという機能を追及していった結果、美しいデザインの眼鏡が完成したといいます。この様な考えでつくられた眼鏡には、出会った事がありませんでした。

トップページ | 2008年12月 »

最近の写真

  • S820t_s821t_3
  • S820t_s821t_2
  • M46
  • Np17
  • S820t_8
  • Np77
  • Np05
  • S320t
  • Npm46
  • S915t
  • Np95
  • Matsuritsukuba2017